広島に住む「うつ病夫婦」の雑記帳

私37歳、妻26歳。ニャンコ7匹。最新のニュースから、人工知能、我が家のニャンコ日記に至るまで、幅広い情報を、あなたにお届けします。夢は、保護猫カフェの出店です!!



スポンサーリンク


働けないことは、そんなに悪いことなのか

http://www.freestockphotos.name/wallpaper-original/wallpapers/download-the-question-mark-on-the-keyboard-6487.jpg


どうも、みーくんです。


今日は、叩かれる覚悟で記事を書きます。


ツイッターなどのSNSを見ていると、うつ病などの精神疾患を患っている方が「働けなくて辛い」と悩んでいらっしゃることがあります。


この「働けない」の言葉の裏には、2種類の気持ちがあると思います。

  • 病気を早く治して働きたいけど、働けない
  • 人生や闘病に疲れた。もう働きたくない


前者の方々には、復職プログラムや、自立支援医療など、様々なサポートがあります。


しかし、後者の方には、社会からの差別や、経済的困窮が待ち構えています。


自分は、障害年金を受給しながら、細々と働いていますが、心境としては、後者です。

そもそも、働くとは何か


一言で言うと、働くことは、収入を得る手段です。


目的は様々ですが、昔から「働くこと」は「自分を成長させること」「ハタを楽にすること」「日本を発展させること」などと言われてきました。


IT企業に勤めていた頃、私は色々な上司を見てきましたが、とても、成長しているようには思えず、ハタは苦労し、日本は発展どころか、不景気でした。


ただ、たまたま、私の境遇がそうだっただけで、働くことで、自己成長し、ハタを楽にし、日本の発展に貢献されている方も、たくさんいらっしゃると思います。


その方々について、私は何ら文句はございません。


それよりも、私は以下のデータを気にしています。

年間2万人以上の命が、自死で失われている日本


平成28年中における自殺の概要(厚生労働省より・PDFファイル)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/h28kakutei_3.pdf

1 総数
 平成28年中における自殺者の総数は21,897人で、前年に比べ2,128人(8.9%)減少した。
 性別では、男性が15,121人で全体の69.1%を占めた。

2 年齢階級別自殺者数
 「40歳代」が3,739人で全体の17.1%を占め、次いで「50歳代」(3,631人、16.6%)、「60歳代」(3626人、16.6%)、「70歳代」(2,983人、13.6%)の順となっている。

3 職業別自殺者数
 「無職者」が12,874人で全体の58.8%を占めて最も多く、次いで「被雇用者・勤め人」(6,324人、28.9%)、「自営業・家族従業者」(1,538人、7.0%)、「学生・生徒等」(791人、3.6%)の順となっており、この順位は前年と同じである。

4 原因・動機別自殺者数
 原因・動機が明らかなもののうち、個々の要因別にみると、その原因・動機が「健康問題」にあるものが11,014人で最も多く、次いで「経済・生活問題」(3,522人)、「家庭問題」(3,337人)、「勤務問題」(1,978人)の順となっており、この順位は前年と同じである。


このデータを鵜呑みにすると「中高年の職のない男性が、健康問題や経済的問題で自殺しているケースが多い」と言えそうです。


ここで、以下のデータを見てみます。


正社員の有効求人倍率の推移(日経より引用)
https://www.nikkei.com/content/pic/20170728/96958A9E93819694E0EA9AE2E18DE0EAE2E5E0E2E3E59F9FE2E2E2E2-DSXMZO1936543028072017I00001-PB1-14.jpg


このグラフが示している結果は、つい最近まで、企業は「人手余り」の状態だった可能性が高いということです。


ニュースでよく「人手不足」と言われますが「人手余り」と報道されないのは、なぜでしょう…?


つまり、最近まで「仕事をしたくても仕事がない」状態が、続いていたものと思われます。


なぜ「仕事をしたくても仕事がない」状態が続いていたのかという理由探しは難しいのですが、個人的に、手作業よりも、機械による大量生産が可能な時代に入ったからだと考えています。


夜なべをして手袋を編んでいた母さんが機械化した例(タイ語です)
www.youtube.com


今、私達の身の回りにあるもので、手作業で作られたものを見つけることは困難です。


最近は「MADE IN JAPAN」を見つけることも困難になってきました。


そんな中、健康問題を抱え、就きたい職に就けず、経済的に追い詰められた人が相当数いたと、私は推測します。

経済的困窮者に対して、対応が冷たいと私が感じている「日本」


www.mhlw.go.jp


厚生労働省は、サイトまで作ってアピールしていますが、現場では、申請を拒むような水際作戦が行われていたりと、行政の態度は、私からみると信じられない態度をとっています。


2012年の報道
www.youtube.com


今、日本は好景気と言われていますが、どの時代にも、一定の経済的困窮者がいます。


この記事をご覧の皆様で、もし、お金に困って、死ぬことを考えている方がいらっしゃいましたら、意地でも行政の力を借りることを検討してみてください。


私の考えですが「お金」よりも「人の生命」を優先すべきです。


yamabuki-syoten.net


よろしければ、こちらの記事もご覧下さい


「夫婦でうつ病」であることの、3つのメリットと、3つのデメリット(まとめ)
utsu-hiroshima.hatenablog.com


私たち夫婦で作ったLINEスタンプうつ病のあなたへ」
utsu-hiroshima.hatenablog.com


我が家のニャンコ達です
utsu-hiroshima.hatenablog.com


もし、いじめられている人がいたら、読んで下さい
utsu-hiroshima.hatenablog.com


広島に落とされた原子爆弾について、ぜひ知って下さい
utsu-hiroshima.hatenablog.com


私はこれで、タバコをやめました
utsu-hiroshima.hatenablog.com

スポンサーリンク