広島に住む「うつ病夫婦」の雑記帳

私37歳、妻26歳。ニャンコ7匹。最新のニュースから、人工知能、我が家のニャンコ日記に至るまで、幅広い情報を、あなたにお届けします。夢は、保護猫カフェの出店です!!



スポンサーリンク


私は「AI(人工知能)を活用した対人兵器」に「銃で頭を撃ち抜かれる想像」をしています。

f:id:utsu-hiroshima:20171114161916p:plain


どうも、みーくんです。


これは、以前の記事とは違い、完全に私の誇大妄想だと思うのですが、私は、以前からよく「AI(人工知能)を活用した対人兵器」に「銃で頭を撃ち抜かれる想像」をしています。


AIによる物体の認識
www.youtube.com


これは、自動車の運転席から見える景色を、AIを使って分析した動画です。


ところどころ、間違った認識をしていますが、私が大学生の頃に比べ、かなりの精度で、物体を認識しています。


特に、動画の中で「オレンジ色」に色分けされている「人間」の検出精度が高いことに、私は驚いています。


今、様々な分野で、AIやロボットを使った自動化の動きが見られますが、兵器の世界にも、無人化の動きが広がっています。


爆撃の機能を有する、無人航空機
https://s.aolcdn.com/hss/storage/midas/9bb92c569a61fbedde7ec925b886c5a2/203290676/reaper-drone.jpg


詳しく知りたい方はこちら
無人航空機 - Wikipedia


先日放送された、シン・ゴジラにも、爆撃の機能を有する、無人航空機が何度か登場していました。


これらの無人航空機は、遠隔で人が操作しています(※)。


※このため、パイロットが精神的に病んでしまうなどの問題が発生しています。


私は、いずれ、これらの無人航空機は、AIによって自律的に動作するようになると考えています。


パイロットの負担軽減ももちろんですが、AIをパイロットにするほうが、コストが安く済むと考えるからです。


1度、AIが搭載された兵器で効果が立証されれば、航空機だけではなく、戦車や歩兵ロボットなど、様々な分野の兵器に、AIが搭載されることになると、私は考えています。


遠隔操作により動作する、小型戦車「SWORDS」(Wikipediaより引用)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3e/SWORDS_robot.jpg/1200px-SWORDS_robot.jpg


itpro.nikkeibp.co.jp

「日本の人工知能学会には、自律型致死性兵器システム(LAWS)の縮小・削減の可能性に関して交渉を開始する8月、11月の国連会議を支持していただきたい――」


海外では、これらAIを搭載した兵器を「自律型致死性兵器システム(LAWS)」と呼んでいるようです。


海外では活発に議論がされていますが、日本では、あまり議論されていないように感じます。


興味のある方はご覧ください
www.gizmodo.jp


AIが軍事利用されないように祈っていますが、現実は厳しそうです。


想像が現実にならないように、願うばかりです。

よろしければ、こちらの記事もご覧下さい


「夫婦でうつ病」であることの、3つのメリットと、3つのデメリット(まとめ)
utsu-hiroshima.hatenablog.com


私たち夫婦で作ったLINEスタンプうつ病のあなたへ」
utsu-hiroshima.hatenablog.com


我が家のニャンコ達です
utsu-hiroshima.hatenablog.com


もし、いじめられている人がいたら、読んで下さい
utsu-hiroshima.hatenablog.com


広島に落とされた原子爆弾について、ぜひ知って下さい
utsu-hiroshima.hatenablog.com


私はこれで、タバコをやめました
utsu-hiroshima.hatenablog.com

スポンサーリンク