広島に住む「うつ病夫婦」の雑記帳

私37歳、妻26歳。ニャンコ7匹。夢は、保護猫カフェの出店です!!



スポンサーリンク


日本のAI開発は、世界に遅れをとっているのでは?と感じた件について

妻に早く寝るように釘を刺されているため、急いで書きます。


www.nikkei.com

総務省人工知能(AI)を活用して人と会話するコンピューターの開発に乗り出す。質問に答えるだけでなくAIが質問を考え、瞬時に多様な言葉のやり取りをする能力をもたせる。2019年度に試作品を開発し、介護分野で活用する。銀行窓口でのサービス案内などでも使えるようにする。関係業者と共同で取り組み、日本勢のAI技術向上をめざすほか、人手不足対策につなげる。


で、世界を見てみます。


Amazon Lex(すみません、英語です)
www.youtube.com


動画を見ると、すでに、人工知能を搭載したアプリと人間が、リアルタイムで会話している気がするのですが…


興味がある方は、以下のリンクからどうぞ。


aws.amazon.com

Amazon では、20 年以上にわたって人工知能の分野での大規模な投資が行われてきました。


総務省は2019年度までにAIで会話できるコンピュータの試作品を…と言っていますが、アマゾンが先に製品としてリリースする予感がします。


もし、20年前に、総務省がAI分野に投資し始めていれば…(無理な話ですが)


アマゾンの未来を見据えた姿勢に、ただただ驚いています。


近年のAI分野の発展は、目覚しいものがあります。


WindowsなどのOS(オペレーティングシステム)を普及させたマイクロソフト社のように、先に市場を制したものが、デフォルトスタンダードになるでしょう。


どうか、日本の大切な税金が無駄に使われることが無いよう、願うばかりです。

スポンサーリンク