広島に住む「うつ病夫婦」の雑記帳

私37歳、妻26歳。ニャンコ7匹。最新のニュースから、人工知能、我が家のニャンコ日記に至るまで、幅広い情報を、あなたにお届けします。夢は、保護猫カフェの出店です!!



スポンサーリンク


あなたも、保護猫を飼ってみませんか?

f:id:utsu-hiroshima:20171001091846j:plain
※写真はイメージです。

 

この記事をご覧の皆様には、猫を飼っておられる方、猫を飼っておられない方、色んな方がいると思います。

 

私達も、数年前までは、猫を飼っていませんでした。

 

そんな私達が、猫を飼おうと決意したのは、猫の殺処分を取材した、テレビを見たことでした。

 

環境省_統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」 [動物の愛護と適切な管理]

 

平成28年度の資料ですが、日本全国で「45,574匹」ものニャンコたちが、人間の手によって、虹の橋を渡りました。

 

1日平均で、125匹もの尊い命が、失われています。

 

YouTubeを開き「猫 殺処分」で検索すると、目を背けたくなるような動画がたくさん並びます。

 

可哀想という気持ちもありますが、ただただ、悲しいです。

 

唯一救いなのは、年々殺処分数が減ってきていることです。それでも、「45,574匹」の命は、あまりにも重い。そう思います。

 

私達は、現在7匹の保護猫を飼っています。

 

しかし、私達が7匹のニャンコを保護したところで、日本全体から見ると、その活動は、微々たるものです。

 

そこで、皆様にお願いがあります。

 

もし、今後、猫を飼う機会がございましたら、ぜひ保護猫を飼って欲しいのです。

 

www.pet-home.jp

 

もちろん、ペットショップで、血統書付きの、可愛い猫を買うことを否定はしません。

 

ただ、出来れば、消えてしまう命を救って欲しいと、自分は強く思っています。

 

中国地方の方限定の情報になりますが、広島県の横川地区に、保護猫の譲渡活動に力を入れているお店があります。


星のうさぎ(アメブロ

ameblo.jp

 

星のうさぎ(お店の場所)

Google マップ

 

我が家にいる保護ニャンコ7匹のうち、2匹(神楽・みるく)は、星のうさぎさんから譲渡して頂きました。

 

星のうさぎの店長さんは、とても人柄の良い夫婦の方です。

 

よろしければ、ぜひ、お店に足を運んで頂けたら幸いです。

 

あと、皆様に1点だけお願いがあります。

 

ニャンコを飼う時は、ワクチン等の接種はもちろんですが「避妊・去勢」を必ずして欲しいのです(我が家のニャンコも、みんな避妊・去勢済みです)。

 

理由は2つあります。

 

理由その1:猫の繁殖力が半端ないため

 

ご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが、ニャンコは繁殖力がとても強いです。

 

生後6ヵ月頃から繁殖可能になり、1回の出産で5~6匹の赤ちゃんを産みます。

 

2匹のペアが、100匹近くも増えてしまい、どうしようもなくなるケースが後を絶ちません(=多頭飼育崩壊)。

  

理由その2:避妊・去勢をしないと、発情がニャンコの負担になるため

 

これらの理由から、ニャンコの避妊・去勢は必ずお願いします(費用はニャンコ1匹あたり、1万5千円~2万円くらいです)。

 

こう書くと「ニャンコに避妊・去勢をさせるなんて、可哀想だ!!反対だ!!」との声が必ず出るのですが、望まない妊娠・出産で増えたニャンコの行きつく先は、その多くが「保健所での殺処分」です。

 

どうか、どうか、殺処分0に向けて、ご協力をお願い致します。

 

以上、長文となりましたが、何卒よろしくお願い致します。

 

 

スポンサーリンク