広島に住む「うつ病夫婦」の雑記帳

私37歳、妻26歳。ニャンコ7匹。夢は、保護猫カフェの出店です!!



スポンサーリンク


モノの言い方は大事です(堀江貴文氏「保育士は誰でもできる仕事」発言に対し賛否分かれる)

news.livedoor.com

ホリエモンは、何を言ったの?


昨日、ツイッターで、朝日新聞社の「なんで保育士の給料は低いと思う?」という問いに「誰でもできる仕事だからです」と回答しました。


この発言に対し、非難の声や賛同の声が集まり、いわゆる炎上状態になりました。

ホリエモンは、モノの言い方に気をつけるべき


一市民の私が言っても、焼け石に水の様な気がするのですが、ホリエモンの発言は、誤解を招きやすい発言だと、個人的に考えています。


例えば自分ならこう書きます。


「保育士は大変な仕事だけど、保育士になる人が年々増えてきた結果、市場原理により、相対的に賃金が下がってきているからです」


こう発言すれば、炎上にはならなかったような気がします。


まぁ、ホリエモンのことなので、わざと炎上を狙った発言とも考えられますが…

ところで、なんで保育士の賃金は低いの?


結論から言うと、以下の理由があると考えられます。

①保育士免許を持たなくても、保育の勤務が可能な施設がある(無認可保育園など)


②保育士の絶対数が多い


多分、ホリエモンは①を指して「誰でも出来る仕事」という表現をしたのかもしれません。


まず、①について、個人的に見解を述べます。


保育士免許がなくても保育の勤務が可能な施設があるということは、いわゆる保育士免許の「価値を下げます」。


これは、介護福祉士免許にも言えることです(免許がなくても介護の仕事に就くことが出来る)。


保育士免許の価値が下がれば、賃金も下がります。


これが、看護師免許になると話は変わります。


法律で、看護業務に従事するには、必ず「看護師免許」が必要になります。


つまり、免許がなければ、看護の仕事に就くことができません(「誰でも出来る仕事」に該当しません)。


よって、看護師免許は「価値の高い免許」と言うことができます。


相対的に、賃金も上がります。


薬剤師免許や、医師免許も同様です。


ちなみに、保育士免許は2003年から国家資格になりました。


管轄は、厚生労働省です。


保育士免許の合格率は20%前後と、大変難しい試験となっています。


次に、②について見解を述べます。


少し古い資料になりますが、厚生労働省が発表している以下の資料(PDF)によると、児童福祉施設に従事する人の数は、年間1万人ペースで、年々増加しています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/fukushi/08/dl/toukei5.pdf

平成15年…約39万7千人
平成16年…約40万4千人
平成17年…約41万6千人
平成18年…約42万6千人
平成19年…約43万4千人
平成20年…約44万4千人


保育士の絶対数が増えると、市場原理により、相対的に賃金は下がります。

「市場原理」って何?


いわゆる、アダム・スミスが考案した「神の見えざる手」です。


需要と供給のバランスにより、価格が決まるという原理です。


式で表すと以下の通りです。

需要>供給 … 価格が上がる
需要=供給 … 価格が定まる
需要<供給 … 価格が下がる


例えば、野菜を考えてみると、分かりやすいかと思います。


今が旬でたくさん採れる、チンゲン菜などは、比較的値段が安いと思います。


これは、以下の式を満たします。


需要<供給 … 価格が下がる


また逆に、今が旬ではなく、あまり取れない、夏野菜のトマトなどは、比較的値段が高いと思います。


これは、以下の式を満たします。


需要>供給 … 価格が上がる


労働者の賃金も、この市場原理に従う傾向にあります。

じゃあ、保育士の賃金を上げるには、どうすれば良いの?


個人的見解ですが、保育士の絶対数を減らすことは、困難ですので、保育士免許の価値を上げる必要があります。


具体的には「保育士免許を持たない無資格者が保育をすることは、違法とする」という法律を作ることです。


実現は難しいかもしれませんが、このような法律が出来れば、保育士免許の価値は上がります。


つまり、看護師免許や薬剤師免許、医師免許と同様の扱いになり、賃金の上昇につながります。


国が保育士に特別手当を支給するなどの案もありますが、根本的な解決につながらないと個人的に思います。

まとめ

  • 現状、保育士免許を持っている保育士の賃金は低い
  • 保育士の賃金が低いのは、市場原理によるものが大きいと考えられる
  • 市場原理とは「神の見えざる手」と呼ばれるもので、需要と供給のバランスで価格が決まるということである
  • 保育士の賃金を上げるためには、法律の整備が必要と考えられる。


以上、ご覧頂き、誠にありがとうございました。

我が家の保護ニャンコたちの「日常」(2017/10/16)

ディーゴ「zzZZ…チラッ」
f:id:utsu-hiroshima:20171016221424j:plain




まる「なんだか上が気になるにゃ!」
f:id:utsu-hiroshima:20171016221439j:plain




ノエル「え?これ写ってる?」
f:id:utsu-hiroshima:20171016221447j:plain




みるく「やっぱり、パパのお尻の上は気持ちいいにゃ~」
f:id:utsu-hiroshima:20171016221454j:plain




utsu-hiroshima.hatenablog.com



utsu-hiroshima.hatenablog.com



ご覧頂き、ありがとうございました!!

労働基準法に違反したブラック企業(ヤマト運輸、大宝運輸など)は、即座に改革を実行すべき

www.sankei.com

ブラック企業とは?


従来は、明確な定義がなく、労働者を死ぬまでこき使う会社とのイメージがありました。


しかし、現在は「労働基準法に重大な違反をした会社」を、ブラック企業厚生労働省が定義しているようです。

現在、厚生労働省が定義している「ブラック企業」はどこ?


以下のリンクから参照できます
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf


2017年10月16日(月)時点で、476社(!)もあります。


恐らく、今後、この数字は増えていくことでしょう。


なお、本日、誰もが知っている大手企業「ヤマト運輸」が、ブラック企業のリストに追加されました。


個人的には、とても悲しい出来事です。


ヤマト運輸「宅急便」の考案者、小倉昌男さんは、天国で泣いていると思います。

ヤマト運輸「宅急便」の考案者「小倉昌男」さんとは?



私が大好きな経営者です。上記の本は、何度も読みました。


この人の凄いところは、周囲の反対を押し切って、宅急便の配達を始めたことです。


宅急便の歴史
www.kuronekoyamato.co.jp

宅急便がスタートした1976年まで、荷物の配達は、郵便配達のみでした。

当時、個人がモノを送るためには郵便局に荷物を持っていく必要がありました。それでも郵便局が受け付けてくれるのは6kgまで。それ以上の場合は、しっかり梱包し紐をかけ、荷札をつけて国鉄の駅に持ち込まなければいけなかったのです。こうした状況を振り返って小倉は「私は、このマーケットは大変おもしろいと思っていた。なぜなら、競争相手がいないのです。一応2社あるが、どちらもあまりサービスが良くない。田舎から柿を送っても、東京にいつ着くのかはっきりしない。ここへ参入すれば、必ず成功すると確信しました(後略)」と述べています。


経営者であった小倉昌男さんは、以下の5箇条を取り決め、宅急便の発足に乗り出しました。

[1]需要者の立場になってものを考える
[2]永続的・発展的システムとして捉える
[3]他より優れ、かつ均一的なサービスを保つ
[4]不特定多数の荷主または貨物を対象とする
[5]徹底した合理化を図る


自著によると、宅急便を発足させる際、小倉昌男さんは、役員から、ものすごい抵抗を受けたそうです。


「こんなことをしては、我が社が倒産してしまう」


「こんなの無謀だ。無理に決まっている」


小倉昌男さんは、これらの声に対し「ええい!やるといったらやるんだ!」と一刀両断しています。


誰に何を言われても、自分の理想を追い求めて、想像を実行に移す。


まさに、経営者の鏡です。


自分は、そこまで強くなれません…


小倉昌男さんの判断が無ければ、今、宅急便はこの世に存在しないことになります。


歴史上の重要人物と言っても、過言ではないと思います。

ヤマト運輸は、これからどうなるのか


www.yamato-hd.co.jp


今のところ、ヤマト運輸から、公式な発表は何もありません。


しかし、現在のヤマト運輸の経営者(長尾 裕さん)は、小倉昌男社長のように「えいやっ!」と改革を断行する時だと考えます。


私も、よくヤマト運輸を利用しています。


正確な場所・日時に宅配をしてくれる、ヤマト運輸の皆様に感謝しています。


ヤマト運輸株式会社が、誰もが安心して働ける会社になるように、強く望みます。

まとめ

  • 宅急便を考案したのは、有名な経営者「小倉昌男」さんである


以上、ご覧頂き、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク